散りばめた宝石か、あるいは地上に降りた虹の帯を思わせるエルフ族の森──。
「おじちゃん」
 木々が輝くような色を見せるその森の中。
 エルフ族の少年がぴたりと足を止めて、前を行く同族の青年を見上げる。
「ん?」
 振り向いた年長者は、その柔らかに整った顔に優しげな微笑を浮かべ、少年の言葉を待った。
「ひもがほどけた」
 少年は小さな指で自分の足を差し、そこにある木の皮と草を合わせた簡素な靴を示してみせる。
 なるほど。草を編んだ彼の靴紐が、見事なまでにばらばらになっていた。
「ああ……そっか」
 青年は何事か得心したような顔で、頭を掻きながら短く何度も頷く。
 その反応が不満だったのか、少年の方は頬を膨らませながら、膝を付いて靴紐を結び始めた。
「ちゃんと結んであったんだ。こんなばらばらになるはずないのに」
 聞こえよがしにそう呟く少年の隣には、同い年ほどの少女もいる。
 まだ幼いながらも十分な可憐さを持つその小さなエルフは、きょとんとした顔で少年を見下ろし、ついで青年を見上げた。
「ボクも髪ほどけたよ、パパ」
 少女の藤色をした長い髪は、今は緩やかな風に撫でられ、さらさらと柔らかく揺れている。しかしつい先ほどまでそれを留めていた草のリボンは、彼女の頭の上に乗せられていた。
 青年は再びうんうんと頷いてみせながら、肩に掛けた長弓をずらし、腰に提げた袋へと手を伸ばす。
「すっかり忘れていた。今日はハロウィンだったなぁ」
 そんなことを呟きながら。

「はろうぃん?」
 少女が瞳を丸くしながら首を傾げる。
「ばーか。カボチャとかお菓子の日だよ」
 靴紐を結び直した少年は、立ち上がりながら少女に悪態を付く。
 少女はむっとした顔を振り向け、両目を勝ち気に釣り上げた。
「ばかって言うひとがばかだって、お姉ちゃんが言ってたもん!」
「あねきの言うこと信じてる時点で、ばか決定だな。あねきが一番のばかじゃん」
「そうなの?」
 あっさりと怒りを収め、少女はきょとんと少年の言葉に耳を傾けてしまう。
「そうだよ。だってハロウィンに、カボチャの馬車に乗って、王子様に会いに行くとか言ってたんだ」
「ばかだ」
「ばかだろ」
 少女はこくんと大きく頷き、少年もうんと頷き返す。
「年長者は敬いたまえよ、ちびっこたち〜」
 保護者たる青年は、どこか呑気に笑いながら、手に持っていた物を周囲に振りまく。
 小さな二人のエルフは、その仕草にきょとんと首を傾げた。
「パパ、なにしてるの?」
「それ、飴じゃん」
 青年が草の上に投げているのは、小豆ほどの小さな小さなキャンディー。
 それを腰の袋からひとつまみずつ取り出し、種を蒔くように周囲に散らす。
「今日はハロウィンだからね」
 彼はそう言って子供たちに微笑みかけると、肩の弓を掛け直して歩き始めた。
 少年と少女が慌ててその背中を追い掛ける。
「こうしないと、妖精たちが悪戯をしてくるんだよ」
「いたずら?」
 小首を傾げる少女の横で、少年がはたと顔を上げた。
「さっきのひもがほどけたの!」
「そうそう。アレクは賢いね」
 歩きながら顔だけを振り向け、青年は少年に笑いかける。
「ボクの髪も?」
「そうだよ、リュン。ピクシーがちょっとリボンを引っ張ったんだ」
 自分の頭を両手で触る少女に、青年は頷きながらリボンを取ってあげる。
「それと、顔の落書きもね」
 そして片目をつむってそう言った。
 少年と少女が互いの顔を見合わせる。
 そこには、赤や黄色や緑の染料で、丸やバツの模様を描かれた相手の顔があった。
「な、なんだこれ!?」
「わわわわっ!?」
 慌てて自分たちの顔を洗うように両手でこする二人に、青年は楽しげに笑う。
「今日は一年で一日だけ、妖精たちが悪戯をしてもいい日なんだよ」
 彼は歩きながら、腰の袋から取り出したキャンディーをばらまく。
「妖精たちは悪戯好きでね。あんまり酷いから、アインハザードが怒ってやめさせたんだ。だけどそれじゃあ可哀想だから、一年で一日だけ、悪戯をしてもいいことにしたんだよ」
 さくさくと草を踏む音と、青年の涼やかな声が森の中を渡っていく。
 少年と少女は話に聞き入るように、彼の背中を見上げて歩いた。
「悪戯をされたくない人は、代わりに妖精たちをもてなさいといけないんだ。お菓子をあげて、『これで見逃してください』ってね」
「だからキャンディー?」
「そうだよ。妖精たちは特にキャンディーが大好きだからね」
「ふぅ〜ん」
 振りまかれるキャンディーを、少年と少女は不思議そうに目で追い掛ける。
 するとそれががフッと虚空に消えていくのが見えた。
 キャンディーを両手に掴み、嬉しそうに笑う小さな妖精の姿も。
「だから森を歩くときは、キャンディーを持っておくといいだろうね」
 そう言って振り返った青年の微笑みは、とても優しく、どこか楽しそうでもあった。



「──っていう話を思い出したんですけど」
 人差し指を立て、リュンは相棒のダークエルフにそう言う。
「そうか……けどなぁ……」
 ダークエルフの騎士サイフォードは、無理に作った笑みを引きつらせながら、彼女を睨むように見つめ返す。
「そーゆーことは、あと半日早く思い出しやがれッ!」
 妖精の谷特有の不思議な色彩を持つ草に全身を縛られ、ティミクランに吊されている彼は、今にも彼女に食いつかんばかりに暴れた。
「そんなこと言ったって、今日がハロウィンだって忘れてたし」
 頬を膨らませてそう言うリュンは、平気な姿で彼の真下に座っている。
「つか、なんでお前は平気なんだよ!? 不公平だろ、これ!」
「あ、それはほら。ボク、いつもキャンディーだけは持ち歩いてるから」
 パッと笑顔を見せて答えながら、リュンは腰袋から取り出した小さなキャンディーを周囲に投げ散らした。
「お前……今、思い出したって……」
「うん。ハロウィンが特別な日だってことを、思い出したんだよ。パパの忠告は、ちゃんと憶えてたもん」
「……無事に帰れたら、まずお前のおめでたい頭を叩き割る」
 目を据わらせて物騒な発言をするサイフォードに、彼を吊すティミクランの顔がぬうっと近づく。
 そしてさらに彼の足下に近寄ってきたユニコーンが、角でつつき始めていた。
「うおっ!? やめろ、お前ら! ちょっ……痛いっ! 脛はやめろ、脛わっ! 顔も近付けんな! 樹液垂らすんじゃねえっ!」
「あははっ。大変だねぇ♪」
「助けろよっ! これもう、悪戯じゃなくてイジメだろ!」
「いつもイジメられてるから、このチャンスを活かそう! リュンはそう思いました」
「思うんじゃねえぇーっ!!」
 きらきらと大気さえも輝いているような幻想的な谷に、彼の声が虚しく響くのだった。

top

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット