アインハザードの恵みである陽光が、頂点から投げ掛けられる中、旅支度を調えたアレクシスとシィが、宿の前で仲間たちの見送りを受けていた。
「困ったことがあれば、いつでも連絡をしてこいよ」
「しぃちゃんも、元気でね」
 セリオンとメリスを筆頭に、次々と別れの言葉を掛けられる。
「しぃちゃん……う゛ゆっ、う゛ゆっ……また、いつでも……う゛ゆっ」
「かのん。なかないで」
 中でもカノンは大泣きしてしまい、エアルフリードが宥めても収まらないほどであった。
 一方でアレクシスの方も、意外な事態が起きて、目を白黒させている。
「僕も同行させてもらうよ! エヴァ様の思し召しだからねっ」
 荷物をいっぱいに詰め込んだバックパックを背負い、鼻息も荒く宣言するリシャール。どうやら先日の『声』の願いを、今後も実行していくものだと思い込んでいるらしい。
「貴方たちだけだと、しぃちゃんのことが心配だから、私もついていってあげるわ」
 旅装に身を包んだシアンもそう言って、見送られる側に回ってきた。
「私がこの血盟に入ったのも、この時のためという気がするの」
「ああ……そっすか……」
 隣に立って艶っぽく微笑むシアンに、アレクシスは片手で頭を抱えながら答える。
 そしてシィは、さっそくそんなシアンに両手を伸ばしていた。
「しあん。だっこ、だっこ」
「はいはい。──リシャール。しぃちゃんの荷物をお願い」
「お任せくださいっ!」
 シアンに抱き上げられたシィが、自分の荷物を持ってくれたリシャールの頭を、手のひらでぺちぺちと叩く。褒めているつもりらしい。
 そんな様子に再び頭を抱え、溜息まで吐くアレクシスに、アリシアリスから血盟シンボルの入ったバンダナが投げ渡される。
「しぃちゃんの分よ。持っていきなさい」
「え……でも俺ら、血盟から抜けて……」
「あたしは許可した憶えはないわよ。うちは人数少ないんだから、勝手に抜けられても困るのよ」
 目を釣り上げながら、少しだけ照れたように顔を赤くして、小さな盟主がそう言う。
 思わず苦笑したアレクシスやシアンに続いて、仲間たちが笑い出す。アリシアリスはますます顔を赤くして、怒ったように背を向けた。
「し、知らないところで、血盟の評判を落とさないようにしなさいよ! そんなことしたら、どこにいても叩きに行くからね!」
 そして足音も荒く、一人で宿に戻っていく。
 皆がもう一度、声を上げて笑い、それはそのうちにアレクシスたちを励ます声へと変わっていった。
「アレク。ちゃんとしぃちゃんを守ってあげるんですよ?」
 ポエットは厳しい顔を作って、念を押すようにそう言う。
「ま、世界は広いけど、冒険者の世界は意外と狭い。どこかで会うこともあるだろう」
 握手を交わしたライは、励ましと共に笑顔でそう付け加えてきた。
 共にアカデミーで過ごした仲間たちも、それぞれの言葉で見送ってくれる。
「私の下僕に相応しい実力を身に着け、帰還してくることを、期待しているぞ」
「ケーボルに負けるのは、カノンくらいですわよ。──アレク、お元気で。旅の成功をお祈りいたしますわ」
「淋しいっスけど、男が決めたことっスからね。応援してるっス」
「幼子を連れた旅は大変でござろうが、アレク殿なら、成し遂げられると信じているでござるよ」
 彼らの言葉に、アレクシスは苦笑を浮かべながらうなずいていた。
「おまえらも、元気でな」
 そして──
「まあ、死なない程度に頑張ってきなさいな」
 エアルフリードは、素っ気ないほどあっさりとした言葉を向けてくる。
「それと、しぃちゃんが暴走しないように、しっかり見ていてあげるのよ」
「解ってる。また天使連中に感付かれるのも、嫌だしな」
「ところで、まずどこへ行くつもりなの?」
 腕組みをしてうながすように小首を傾げた従姉に、アレクシスはふと南の空を見上げる。
「そうだな……まずは、シィの姉ちゃんたちを追い掛けようと思ってる」
「なるほどね。たしかに、彼女たちなら色々知ってそうよね」
「ああ。合流できれば、シィのことも解るだろうし、これからのことも見えてくる気がする。だから……」
 シアンに抱かれているシィに振り向き、アレクシスは微笑む。
「まずはあの『いにしえのシーレンの騎士』を追い掛けるさ」
「?」
 不思議そうに首を傾げるシィは、後でそのことを説明されて、顔を青くしたという。
 そして最後に、アレクシスとシィは、フロウティアと向かい合った。
 出会った頃から変わらない、穏やかで優しい微笑みを二人に向け、フロウティアは見送る。
「元気でね」
「フロウティアさんも」
「いってきます」
 伝えたいことは全て伝えている。交わす言葉は少なかった。だが互いに向けるその表情は、アデンの空と同じく、とても晴れやかで澄み切っている。
 それは門出を祝う仲間と、旅立つ仲間が共有する、少しの淋しさとちょっとした高揚感。
 それを胸に、アレクシスはそのまま背を向け、歩き出した。
 シアンとリシャールがそれに続き、仲間たちからは別れの声が飛ぶ。
 離れていく一行の中で、シアンに抱えられたシィだけは、後ろに振り向き、見送る『仲間』たちを見つめていた。
 そしてその小さな手が、大きく天に向かって伸ばされ、振られる。
「いってきます!」
 無垢だった少女は笑顔を見せ、高らかに旅立ちを告げていた。

 それは、無垢で孤独だった魂と、輝きと自信を放つ心が織りなした、小さな出会いの物語。
 そして、これからも続く、様々な出会いの物語──
 
 

top

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット