「セリオンのことが、もっと好きになる魔法だよ……」
 情景が蘇る。
「ね? 今度はセリオンがして……私のこと、もっと好きになって?」
 頬を赤らめながら照れたようにはにかむメリスに、セリオンは少しの躊躇いの後、彼女がそうしたようにそっと口づける。
「ん……」
 柔らかい、そしてほのかに甘いような感触。
 二度目だからだろうか。少し余裕がある。
 いつまでもそうしていたい心地の良さを感じながら、同時に、もっと深く彼女に触れたくなる衝動が沸き上がる。
 セリオンは自然と彼女の肩に手を置き、抱き寄せていた。
「……」
 閉じたまぶたの向こうで、彼女が微笑んだように感じた。
 メリスの両手が、そっとセリオンの背中に回される。そして……

「セリオン。もう起きないと」
 呼ばれたその声に、未だまどろみの中にいたセリオンは、意識を少しずつ覚醒させる。
 重いまぶたをゆっくりと開いていくと、そこにはいつもの彼女の笑顔があった。
「今日もいい天気だよ」
 窓から差し込む光よりもさらに輝いて見える、メリスの笑顔。
 セリオンは眩しそうに目を細めて、微笑んだ。
「おはよう、メリス」

 あれから、二人の時間はさらに増えた。
「ご飯食べたら、今日も魔法教えてね」
 食堂へと向かう廊下を歩きながら、メリスは隣を歩く愛しい人に微笑みかける。
「もうすぐ戦は終わるのに……もう魔法も必要なくなるかもしれないぞ?」
 セリオンは愛すべき人の無邪気な頼みに、苦笑を漏らす。
「魔法は戦いの道具じゃないって言ったの、セリオンだよ?」
「そうだけど。……まあ、何年も練習して、やっとそよ風を起こせる程度のメリスなら、そっちの方が向いてるかもな」
「あー、またそんなこという。セリオンのいじわる」
 頬をふくらませるようにして抗議するメリスに、セリオンは破顔してその緋色の髪に包まれた頭を撫でた。
 出会った頃よりずいぶんと大人っぽくなった彼女だが、こうした仕草には幼さが残っているように見える。それは、ある意味で完成された容姿を持つエルフ族には無い、人間ならではの柔らかい魅力のように思えて、セリオンにはとても好ましいものだった。
「戦争……やっと終わるんだね」
 ぽつりと呟く。
「ああ。やっとね」
 頭を撫でていた手を滑らせ、手の平で髪を梳くようにする。メリスはそのセリオンの手の暖かさを楽しむように、目を閉じた。
「そうしたら私、セリオンの村に行きたいな」
「俺も。メリスが生まれた場所を見てみたい」
「何もないよ?」
「それでもいい」
「ん」
 それはあと少しで現実となるだろう願い。
 戦場で出会った二人が、平和な時代を共に歩む夢。
 叶えられると信じていた。その未来に疑いはなかった。
 少なくとも、この二人には──。

 それは、突然の通達だった。
「エルフ族のセリオンには、後方の拠点に移ってもらう」
 オーク族との停戦交渉が始まった頃、部隊長であるヒューマンの男は、抑揚もなく部隊員たちにそう告げた。定時集合の時である。
「納得いかない……」
 部屋に戻った途端、メリスは不服を満面に浮かべた表情と声音でそう言った。部隊長からの通達があったときから、ずっとそれを隠そうとはしていなかったのだが。
 それはセリオンも同感だったが、少しはこの人事の事情を考える余裕がある。
「たしかにそうだが……戦いが終わるから、魔法が使える者は、戦地となった場所の復興を支援させるのかもしれない」
「だったら私もっ!」
「メリスが魔法を覚えたこと、俺以外には知らないだろ?」
「そうだけど……」
「それに……ヒューマンの中にエルフがいるのは、もうこの部隊だけだしね」
 そう言って、セリオンは少しだけ寂しげに微笑んだ。
 今や前線で戦っているのは、全てヒューマンたちだ。エルフたちは後方からの支援に徹している。無論、彼らがそう望んだわけではなく、なるべくしてそうなったのだ。
 メリスは唇を噛むようにしてうつむく。
「……どうしてみんな、そんな風に思っちゃうのかな。エルフだからって嫌いになるのかな。私にはわかんないよ」
「メリス……」
 言うべき言葉が見つからないセリオン。
 彼とてメリスに出会うまでは、ヒューマンを見下していたのだ。長く虐げられてきたヒューマンたちの気持ちは、推して知るべしだろう。
 しばらくそのまま、互いに何も言えず無言の時が流れた。
 やがて、メリスが決意したように顔を上げる。
「私、掛け合ってみる! セリオンと一緒にいられるように!」
「え?」
「一緒の部隊じゃなくても、同じ場所にはいられるもん!」
 メリスはそう言うと、セリオンが止める間も与えず、部屋を飛び出していった。おそらく部隊長のところへ行くつもりだろう。
「そんなに上手くいくとは思えないけど……」
 しかし、セリオンとて離れたくない気持ちは同じである。その可能性があるのなら、やってみるのもいいだろう。
 苦笑を浮かべながら、メリスの後を追うべく、セリオンもまた部屋を後にした。

「オーク族との交渉は順調のようだ。エルフたちに任せておけば、問題なかろう」
「そのエルフたちも疲れ切っている。過去に例がないほどの、長きに渡る戦いゆえな」
「事は上手く運んでいるということだ。準備は抜かりなくな」
 その会話が聞こえたのは、偶然ではなかった。
 メリスは部隊長どころか、この拠点にいるはずの軍の司令官に直談判するべく、その姿を探して砦の中を駆けていた。その際、セリオンから教わった風の魔法を身に纏っていたことが、その声を聞く切っ掛けとなったのだ。
 最初は、思わぬ副作用で目的の相手を見つけたことに喜んでいたが、声が会話になるつれ、その内容に思わず足を止めてしまう。
「兵士たちには、まだ知らせるな。直前になるまで伏せておくように」
「しかし、エルフたちに不審がられはせぬか? 我らの部隊だけを前線に集めるなどして」
「なに、心配はいらん。奴らは我らのことを侮っている。そしてその実力の差を、我らも承知していると思いこんでおる。現状を面白く思ってはいないだろうが、疑ってなどはおらぬよ」
「左様。よもや我らが反旗を翻すなどとはな」
 ──!?
 その言葉が聞こえたとき、メリスは思わず出そうになった声を口を塞いで遮った。そして踵を返して走り出す。
 セリオンを探して。
 しかし、その意識の驚愕は、彼女が掛けた魔法の魔力に乗って、伝播する。
「……風の悪戯か」
 砦の奥まった一室に集まるヒューマンたちの中で、一際立派な風格を持つ壮年の男は、微笑を浮かべて呟いた。
「なにか?」
「どうやら聞かれたようだ。今の話」
「なんと!」
「ただちにその者を拘束しましょう。噂でも広まれば、エルフたちにも聞こえてしまう!」
「しかし、何者がっ」
「いや、推測はできる」
 男は慌てる一同を静かな声で制し、すっと椅子から立ち上がった。
「追跡隊の準備をしておけ。腕の立つ者たちをだ」
 そう言い放った男を、他の者たちは不思議そうに見つめた。
「王……?」
「あれはおそらく、エルフの恋人だ」
 ヒューマンの王は、ふっと笑みを零してそう言った。

「セリオン!」
 駆けだしてほどなく、歩いてくる彼を見つけて、メリスはその胸に飛び込んだ。
「メリス? どうした」
 肩を抱くようにして受け止めたセリオンは、ただならぬ様子の彼女に首を傾げる。
 メリスは必死な面持ちでセリオンを見上げた。
「大変だよ! みんながエルフと戦うって!」
「なに……?」
「反旗を翻すって!」
「反旗……ヒューマンが!」
 メリスの言わんとしていることを理解した瞬間、セリオンには今までのこともその理由も、全てを察した。
 だからヒューマンは、この戦争に参加したのだ。
 さすがに色を失う。
 今のエルフ族には、誰一人としてそんなことを想像している者はいないだろう。いや、反乱までは予想していても、まさか自分たちが負けるとは思っていないだろう。
 しかし、常に前線でヒューマンと共にいたセリオンは、彼らの強さを知っている。
 油断と驕り、そして長い戦いの疲労を引きずるエルフたちでは、勝ち目は薄い。
 ましてや、このタイミングだ。
「どうしよう……どうしたら……」
「落ち着け、メリス」
 腕の中でわけもなくきょろきょろと周りを見回すメリスを、セリオンは肩に置いた手に力を込めて落ち着かせる。
「まずは、一刻も早くみんなに知らせることだ」
 そう言う彼も、顔色は良くない。メリスが慌ててくれていることが、幾分か冷静さを保たせる糧になっているだけだ。
「そ、そうだね。エルフの人たち、近くにいるかな?」
「オーク族との調停のために、長老たちが国境まで来ているはずだ。そこに行こう」
 今ならばまだ間に合うかもしれない。長老たちならば、ヒューマンの族長たちを抑えることができるかもしれない。そうすれば戦いなどは起こらない。
 最悪、反乱を防ぐことはできなくても、起きることが分かっていれば対策の立てようもあるだろう。少なくとも奇襲は受けずに済む。
 そこまでを考えて、セリオンは行動を起こすべく動きかけた。
 腕の中のメリスが、彼の服を引くようにしてそれを止める。
「私も……!」
「……ああっ!」
 彼女の手を掴んで、廊下を走り出す。
 言われなくてもそうするつもりだった。
 ヒューマンとの戦いに同じヒューマンである彼女を連れて行くことになるのだが、この時のセリオンはそのことを完全に忘れていた。あるいはもう、種族の違いなど念頭になかったのかもしれない。
 メリスと一緒にいる。
 それがごく当たり前で、彼女が傍にいない自分など、想像もしていないのだろう。
 いつもとは逆に、引っ張られるようにして走りながら、メリスはそんなセリオンの背中を嬉しそうに見つめる。
 しかしその笑顔とは裏腹に、彼女自身は強い決意を以て同行を口にしたのだ。
 メリスは解っている。
 自分の選択が、どんな結果を生むのかを。
 今まで仲間だった人たちと、生まれてからずっと共にいた人たちを、敵に回すことになることを。
 それでも──
「セリオンより大切なことなんか、ないんだ」
 その気持ちは、誰にも止められない。

第4話へ
 
 

top

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット